東洋医学・医療

鍼灸×海外 学生アンケート結果

鍼灸学生アンケート

だいぶ久しぶりの更新になってしまった。
あまり考えすぎると進まなくなるので、言葉も内容ももう少し気持ちを緩くして書いていきたいものです。

さてさて、先日は自分が目指す将来の実現に向け、アンケートを作成・実施。
たくさんの人に助けていただき、2ヶ月も経たないうちに200件超の回答が集まりました。(ちなみに柔整学生からも同じく200件超頂いております)
本当にありがたいことです。

アンケートをやる踏ん切りがついたのも、ここまで多くの回答が集まったのも、すべてclubhouseでお会いした皆様のおかげ。
SNSでどうこう、というのは非常に苦手だけれども、本当にやって良かったと思える結果の1つでした。

この場を借りて、ご協力いただいた皆様、並びに回答して下さった学生の皆様に心から感謝を述べたいと思います。
誠にありがとうございます!

さて、肝心のアンケート結果をお伝えします。

アンケート結果

有効回答数:212件
*元データの関係により、画像サイズに差がありますのはご容赦ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アンケート結果を見ての印象

アンケート結果を見ると、自分がすでに働いている鍼灸師であるからか、予想と反した結果も多々ありました。
また、集計の性質上、海外に興味のない方も答えてくださっているので判断が難しい部分もありますね。

海外就職

総じて言えるのは、

海外就職

日本の免許で、他言語が話せずとも行けるところに、一定期間働きたい(もしくは数週〜半年の研修)

現実的に考えてこれは行ける国がかなり少ないですね、、、、

しかし意外にも語学留学系にも人気があり、他国の先生の治療を見たいという声があることから、全体的に「就職」というよりは、「どんなものか見たい」という人が多いのではなかろうかと。
私が元々海外での仕事や研修を勧めているのは、海外だからこそ見てもらえる鍼灸師の正当な立場というものがあるからであり、それは新しく免許や語学を習得してもあまりあるほどのやりがいや意味というのがあります。

これから海外就職を考える人は是非頑張ってもらいたいです♪
とは言え、日本の免許でふらっと来てしまった私が言えることではないですが(笑)

海外研修

これも意外だったんですよね。周りの鍼灸師と話をしていても、解剖実習(特に生検体)、いずれかの分野に特化した先生や治療法を学びたい、という人が多いのですが、、、、その辺は興味・関心が薄いようです。
きっとこれも学生ならでは、ですね。

広くいろんな分野を学びたい、というのがどの部分からも多く見られます。

語学・国

なんだかんだ言いながらも、海外への興味がある、良いところがあればいきたい、というのは全体の65%もいて、関心はあるのだな、と実感。
逆に、柔整学生のアンケート(ここには載せてません)はほとんど興味のある人がおらず、資格としても国内特化なので入学の専攻選択の時点でその辺の意識は違うのかも、と。

さて、ここで声を大にして言いたいのは、華やかな国にだけ絞るなということ!!

みんながみんな、アメリカを選びやがって、、、、すぐ隣なのに全く人気のないメキシコが悲しいじゃないか(メキシコ勤務です)
日本の免許で行けて、多少現地の言葉が話せなくても迎えてくれるとなると、それこそメキシコなどの中南米、英語は必要だけどイスラエルも免許の英語版証明を発行すれば(簡単にできます)行けるとのこと。

「そんなところ行ってもなぁ、、、」と思うかもしれませんが、そういうところだからこそ活躍の場は広く、日本では見られない疾患も多々見られ、とてつもない経験になる!!
特に今のご時世、セミナーも大体はオンラインでなんとかなる!

どんな国に可能性があるのか、そこは是非伝えていきたい。

感想

日本よりも医療として劣っている国に行く意味がわからない、という意見をくれた学生もいましたが、だからこそ自分たちが最先端で働ける良い機会になる、ということは考えないのでしょうか?
日本はいいところです。国民皆保険も素晴らしい(鍼灸はほぼ使えないけど)。でもいつまでも日本やその他の先進国だけが全てと思っていたら成長なんてないですよ。日本だアメリカだ、で、そこにあぐらをかいてる人には、メキシコにいたって負ける気はしません。

あ、でもアンケートで韓国への興味、韓国語の必要性が言われてたのはハッとさせられました。日本ならではだな、と。
K-POPや、美容医療といえば韓国、といったことからだそうで。韓国の鍼灸情報が欲しい、なんて意見は多数ありました。
学生さんに熱く伝えたいことがまた増えましたねぇ♪

改めまして、アンケート拡散にご協力頂いた皆様、ご回答くださった学生の皆様、本当にありがとうございました
これから推し進めて参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。